ポンカンってどんなみかん?

ポンカンはインド原産の柑橘です。
香りが強く、コクのある甘みの濃い果肉が特徴です。
酸味は少なく甘みが強いため、酸っぱいみかんが苦手な方にお勧めです。果汁はあまり多くありません。

果実は小さめで、温州みかんと同じくらいです。(直径6~7cm程度)
外皮はボコボコしていて厚みもありますが、むきやすく手で簡単にむけます。 種がありますが、手軽に食べることができます。

当園では1月下旬ごろ~2月半ばごろまで販売します。

ポンカン
ポンカンの特徴

ポンカンは愛媛県が生産量全国一位の柑橘です。
ポンカンにもいろいろな品種があり、愛媛県内では今津ポンカン、太田ポンカン、 吉田ポンカン、薩州ポンカンなどが栽培されています。 愛媛県の中でも特に南予地方で栽培が盛んです。

当園のポンカンは、低しょう系ポンカン(形が少し平べったいもの)です。 大きさは温州みかんと同じくらいか、やや大きいくらいです。オレンジ系の香りがします。
ポンカンは色が付きにくい特性があり、12月半ばから1月半ばごろにかけて収穫を行い、 少し貯蔵してきれいに色がついてから出荷する品種になります。

ポンカンの生産量
ポンカンの木
ポンカンのあれこれ

ポンカンは漢字では椪柑・凸柑と書きます。ひらがなで表記されることもありますが、なんとなくカタカナ表記が一番合っている気がします。

ポンカンは「不知火(デコポン)」や「甘平」といった近年人気品種の掛け合わせの親となる品種でもあります。
不知火(デコポン)の交配親は(清見×ポンカン)
甘平(かんぺい)の交配親は(西之香×ポンカン)です。
コクのある甘い味が次世代の品種に引き継がれているようですね。

ポンカンの食べ方

外皮は手で簡単にむくことができます。内袋ごとお召し上がりください。
ポンカンは種があります。気をつけてお召し上がりください。

ポンカン
ポンカンの保存方法

風通しがよく涼しいところで保存してください。
ポンカンは長く保存すると水分が少なくなり、「す上がり」と呼ばれるパサパサの状態になることがあります。 なるべく早めにお召し上がりください。

ポンカンの栄養

ポンカンもまた柑橘類なのでビタミンCが含まれています。
文科省の食品成分表(ポンカン)はこちら

白いわたの部分は食物繊維ですので、そのままお召し上がりいただくと整腸作用があります。

ポンカンのお買い求めは  からどうぞ