はるかってどんなみかん?

はるかは「日向夏(ひゅうがなつ)」の種から偶然生まれた品種です。
へたの部分は不知火(デコポン)のような凸があり、へたの反対側には 凹環(おうかん)と呼ばれる丸いくぼみがあるのが特徴です。

大きさは温州みかんより一回り大きいくらいです。(直径7~8cm程度)
外皮はごつごつしていて、硬くむきにくく、内袋も厚く、むいて食べる必要があります。
種もありますが、内袋(じょうのう)の中には果肉がギュッと 詰まっていてプチプチっとした食感が楽しめます。

当園では2月上旬から3月下旬ごろまで販売します。

はるか
はるかの特徴

はるかは黄色くて酸っぱそうな外観の柑橘ですが、酸味は少なく上品な甘みがあるみかんです。
当園のはるかは、新植してからまだ数年のため、まだそんなにたくさん採れませんが、 徐々に収穫量が増えてきています。

酸味が苦手な方、さっぱりとした甘みがお好きな方におすすめです。

はるかの生産量
はるかの木
はるかのあれこれ

はるかは福岡県の果樹園で日向夏(ひゅうがなつ)の偶発実生として発見された品種です。
偶発実生(ぐうはつみしょう)とは、自然に落ちた種や、捨てられた種などから 種子親を超える特性(糖度が高い・種が無い・色が早く付くなど)を持つ 偶然発見された品種のことをいいます。
はるかは種子親の日向夏に比べて、熟期が早く、酸味が少ないのが特徴です。
当園の一番人気「河内晩柑」も文旦の畑で発見された偶発実生です。

はるかの食べ方

外皮が硬く、むきにくいので、ナイフや皮むき器をご利用ください。
内袋(じょうのう)も厚いので、むいてからお召し上がりください。種もあります。
砂じょうの1粒1粒がしっかりとしていて、ギュッと詰まった果肉なので プチプチとした食感が楽しいみかんです。

はるか
はるかの保存方法

風通しがよく涼しいところで保存してください。(常温で問題ありません)

はるかは外皮が厚いため、比較的日持ちするみかんですが、
生ものですので、なるべくお早めにお召し上がりください。

かんきつ類の主な栄養素については愛媛かんきつPRサイトをご覧ください。

はるかのお買い求めは  からどうぞ