愛媛県の柑橘類

柑橘類には温州みかん以外にもたくさんの品種があります。
愛媛県では主だったものだけでも40種類以上の品種が栽培されていて、県民でも覚えきれず迷ってしまうほどです。

同じ県内でも瀬戸内側、宇和海側、山側、海側など地形や気象条件によって美味しく育つ品種は違ってきます。 それぞれの産地が得意な分野を競って、みかんを育てています。

吉田農園のある愛南町は、愛媛県最南端にある町で、冬でも霜が降りない温暖多雨な気候のため晩柑類 (樹上で越冬して、春先以降に収穫する柑橘類のこと)が美味しく育つところです。
その土地にあった柑橘を育てることで、美味しいみかんをつくる努力をしています。

品種写真

販売品種と販売期間の目安

農作物のため、作柄によって多少前後することがございます。ご了承ください。
詳細につきましては、各ページをご覧ください。

愛媛みかん
11月下旬から1月上旬
ポンカン
1月下旬から2月中旬
はるか
2月上旬から3月下旬
土佐文旦
2月下旬から4月中旬
甘夏
3月中旬から5月下旬
不知火
3月下旬から4月中旬
清見オレンジ
3月下旬から4月中旬
河内晩柑
5月中旬から8月ごろ

柑橘類の情報

愛媛県内で栽培されているかんきつ類の情報に関しましては  愛媛県かんきつ情報缶 に詳しく掲載されております。