吉田農園のご案内

場所

吉田農園は愛媛県の西南端、南宇和郡愛南町にあります。
愛南町は四国南西部に位置し、高知県と接しています。

愛南町の地図

愛南町へのリンク←町の公式ホームページ(新しいウィンドウが開きます)

風景

愛南町は、太平洋と宇和海にまたがる足摺宇和海国立公園に面し、リアス式海岸と島なみが創り出す美しい景観が広がる自然豊かな地域です。

近海でとれるカツオの水揚げが盛んな深浦漁港を始め、宇和海ではマダイ・ブリの養殖が行われ、マガキやヒオウギ貝も養殖されています。

年間平均気温は約17℃ 年降水量が約1,900mmという温暖多雨な気候を活かして、かんきつ類(主に春先以降に収穫できる晩柑類が中心)を生産しています。 なかでも河内晩柑は愛南町が全国一の生産地となっています。

風景

当園では河内晩柑をはじめ、ポンカン、土佐文旦、不知火(デコポン)などのかんきつ類を栽培しており、日本全国のお客さまに愛情込めて育てたみかんをお届けしています。

安心と安全にこだわり、農薬と化学肥料の使用を少なくしています。 また、採りたてが美味しい品種は新鮮なうちに追熟させると美味しい品種は追熟させてからお客さまの元にお届けしています。 (土佐文旦・不知火などは収穫したては酸味が強いため、追熟させる品種になります。)

河内晩柑の実と花

当園の主要栽培品種は「河内晩柑(かわちばんかん)」で、樹上で完熟させる「木成り栽培」を行っています。 木成り栽培は、河内晩柑の花が5月に開花し、翌年5〜9月に収穫を行うため、最長で16ヶ月も木に成り続けます。 5月頃には果実と花が同時に木を飾る見慣れない光景が広がります。 その分、木にはストレスのかかる栽培法ですがおいしさが増すのが特徴です。

お客様に安心・安全な柑橘類をお届けすることが、柑橘農園としての一番の幸せです。

概要

会社名 株式会社吉田農園
代表者 吉田 浩
郵便番号 798-4134
住所 愛媛県南宇和郡愛南町緑甲936番地
電話番号 0895-72-3954
FAX番号 0895-72-4088
事業内容 河内晩柑(愛南ゴールド)を中心とした柑橘類の生産および販売

河内晩柑等のご質問・取材につきましてはお問い合わせよりご連絡ください。

吉田農園のニュース

その年に起こった出来事です。
年に1度、秋〜冬ごろに更新します。

平成30年(2018年)

平成30年9月

NHK四国のローカル番組「ぐるっと四国 軽四キャンピングカーがゆく」
俳優の蟹江一平さんがおみえになりました!蟹江さんのtwitter

本当にいきなり!突然!来られたので、写真を撮り忘れてしまいまして・・・。
🌀台風24号接近中🌀だったので、河内晩柑の畑で枝吊りのお手伝いをしていただきました。
蟹江さんどうもありがとうございました!。

平成30年5月

NHK松山放送局のローカルニュース番組「ひめポン!」
📹「丹がおじゃ町ま〜す」コーナーでリポーターの丹さんがやってきました。

当日は畑から中継の予定だったのですが、あいにく雨模様だったので、☂
急遽倉庫で撮影することに。
ローカルニュース番組とはいえ、生放送なのでみんな緊張しましたが、
大きな失敗もなく終えることができホッとしました。

ひめポン1ひめポン2ひめポン3
はちみつ1はちみつ2はちみつ3
丹さんは「河内晩柑はちみつ🍯」を気に入ってくださいましたよ〜。
河内晩柑の畑に置いてある蜂の巣箱はこんな感じなんですね〜。
眼鏡の男性は、はちみつを委託している🐝養蜂家の伊藤さんです。🍯
伊藤さん、いつもおいしいはちみつをありがとうございます。

平成29年(2017年)

平成29年8月

TV東京系「世界!ニッポン行きたい人応援団」でアメリカから双子の高校生がやってきました。

撮影1撮影2撮影3
慣れないことに、みんな緊張していましたが・・・。楽しんでもらえたでしょうか。
様子は「世界!ニッポン行きたい人応援団」でご覧いただけます。

平成29年5月

NHKあさイチの「ピカピカ☆日本」コーナーで紹介されました。

畑1畑2畑3
収穫時期を迎えた河内晩柑の畑から生中継で放送!
愛南町の山の奥にテレビ局の中継車がやってきて、ここから放送!
準備も万端。スタッフの方々が細かいところまで準備されていました。
畑4畑5
藤原薫くんに、サインしてもらいましたよ〜。
藤原薫くんのブログはこちら

平成29年2月

愛媛の農林水産人というHPの作成のため、社長が取材を受けました。

畑1畑2畑3
愛媛県で就農を考えられている方、ぜひご覧ください!
「愛媛で就業!農林水産まるかじり」動画もあります・・・。

平成28年(2016年)

平成28年8月

宇宙飛行士油井さんのミッション報告会が八幡浜市で行われました。

油井さん1油井さん2

昨年(2015年)8月に「こうのとり」に積み込まれて愛媛県産のかんきつが
国際宇宙ステーションに届けられたのを大変喜んでくださっていました。

宇宙では生鮮食料品は食べることができないため、新鮮な果物は他の宇宙飛行士のみなさんも
大変喜んでくださり、皆さんの士気が上がったそうです。

油井さん6油井さん7油井さん8
愛媛県の長期貯蔵技術を使って届けられた清見と河内晩柑は検査を受け、
一つ一つ梱包され、さらにバッグに詰められて「こうのとり」で運ばれたそう。

国際宇宙ステーションでは、空気も常に清浄されているため、あまり匂いがすることが
無いそうなので、届けられたかんきつ類の新鮮な香りがとても良かったと言われていました。
新鮮な果実を宇宙まで運ぶのは、とても凄いことらしいです。
また機会があれば、かんきつ類に宇宙に行ってもらいたいですね!
油井さん9  油井飛行士のツイッター

関連ニュース
愛媛新聞online

平成28年6月

自民党農林部会長(当時)の小泉進次郎議員が来社されました。
社長の吉田が現在の柑橘農業が抱える問題点などを話しました。
箱詰め作業を見学された後、河内晩柑を召し上がり、「うまい!」と言っていただきました。

小泉議員にテレビ朝日の取材クルーが密着されていました。

小泉議員小泉議員2

ページの先頭へ